恐るべき北の工作活動!金正男氏毒殺事件で利用されたインドネシア人女性の運命は?

18-25.png
出典:正義の見方


金正恩の異母兄、金正男がマレーシアの空港で毒殺されたのは2月13日。

その事件の実行犯として逮捕された2人の女性。そのうちの1人、インドネシア人のシティ·アイシャ容疑者は、北朝鮮の工作員によって、わずか40日で暗殺犯に仕立て上げられたことがわかりました。



アイシャ容疑者は、クアラルンプール郊外にあるホテルのスパで、パートタイムのマッサージ嬢として働いていました。
その一方、「Haven-4men』というマッサージ嬢の派遣サイトにも『ケリー』という名で登録していました。出張マッサージをしていて、ナイトクラブでもお客を探していたそうです」(現地記者)


アイシャ容疑者が、北朝鮮の工作員にリクルートされたのは1月5日です。


「午前3時、クアラルンプールの中心街にあるナイトクラブを出た後、マレーシア人のタクシー運転手がアイシャに声をかけた。元々、2人は顔見知りで、運転手が『新しい仕事をくれる人を紹介しようか』と言うと、アイシャは快諾したそうです」(現地記者)


結果、これが運命の分かれ目となりました。


午前10時、運転手から「ジェームズ」と名乗る北の工作員、リ·ジウを紹介されます。

ジェームズは「自分が関係しているお笑い番組に出演しないか」と話し、仕事を依頼。ギャラは1回400リンギット(約1万円)だったそうです。


毒殺事件を起こすまで、クアラルンプールの第一国際空港、第二国際空港、マンダリン·オリエンタル·ホテル等を中心に、計12回の撮影が行われました。


アイシャ容疑者の役割はいつも同じで、ターゲットとなった人物の顔に、毎回臭いの違う"何かの液体"を塗り付けて逃げることでした。


1月29日、アイシャ容疑者はジェームズに連れられ、「チャン」と名乗る男を紹介されます。

「この男は、工作員のホン·ソンハクとみられます。流暢なインドネシア語を話し、この日以降、チャンが撮影の指揮を執るようになりました」(現地記者)


そして事件が起きた2月13日。
Date: 2017.08.12
Category: 社会

警察もうごいた! 浅草・仲見世通りで暗躍する悪徳ブローカーの存在

377-2.jpg


夏本番の観光シーズンに向け、すでに日本人のみならず外国人でごった返す東京·浅草の浅草寺仲見世通り

その商店街に悪徳プローカーが出没し、関係者の頭を悩ませているといいます。

浅草仲見世通り商店街は、江戸時代に誕生した日本最古の商店街の一つで、関東大震災や戦災での焼失を乗り越え、現在は89店舗が入居しています。

「戦後の昭和30年代は、界隈の女剣劇や大宮デン助『デン助劇場』、生歌謡ショーをやる映画館に全国から客が殺到しました。
故·島倉千代子さんの大ヒット曲『東京だョおっ母さん』のフレーズにもあるように毎日がお祭り状態で、仲見世の商店街は歩くのにもひと苦労でした」(浅草出身のマスコミ関係者)




ところが、1940年代に入るや客足が遠のき、夜8時にはゴーストタウン化する状態が続きました。

浅草は、当時の国鉄が駅を作るのに反対したために、交通の便は地下鉄の銀座線と東武線しかなく、JRの駅がなかったために客が激減したんです。
しかし、つくばエクスプレスの開通や東京スカイツリーの開業でようやく昔の活気を取り戻したんです」(マスコミ関係者)

商店街には人形焼や煎餅屋、お茶、雑貨小物に玩具屋など、いかにも浅草らしい店が軒を並べています。
所有者は商店街が浅草寺、建物が東京都ということもあり家賃は安く、平均的な賃貸料は、2坪程度で約1万5000円と破格の安さとなっています。

「そのため、どの店も賃貸権は手放さなかったのですが、商店街でも高齢化が進み権利を手放す店主が出てきた。ある商店がその賃貸権を1億円以上で購入したという噂も流れたほどです」(商店街関係者)



Date: 2017.07.27
Category: 社会

不振にあえぐ「大塚家具」 穴埋めに保有株式大量売却の動き

35-1.jpg
出典:シェアブログ


大塚家具の業績不振が止まりません。


2016年12月期は創業来最大の赤字に転落し、2015年に策定した中期経営計画も取り下げました。
今年度は最終黒字を目指していますが、直近の第1四半期決算から8億円超の赤字と出だしから躓いています。

ホテルやオフィスなどの家具提案事業は好調も、主力のダイニング家具や寝具の不調を補えていない状況が続いています。


そうした中で、市場関係者の間で注目を集めているのが、
大塚家具の「株売り」です。


6月に上場2銘柄の株を売却し、1億5400万円の売却益を得ていたことが明らかになっています。


実は、大塚家具は昨年末から保有している株の売却を加速。
昨年12月に2銘柄、今年3月に1銘柄を売却し、それぞれ4億1700万円と7億1600万円の売却益を手にしています。


大塚家具は三井不動産、三越伊勢丹ホールディングス、西武ホールディングス、帝国ホテルなど取引先の株を多く保有。

これらは企業間において円滑な取引関係を維持するために保有する『特定投資株式』と言われる株式です。

この株式の持ち合いは、株式を持ち合う企業間の閉鎖性や不透明性が指摘されていて、株式持ち合いを解消する動きが広がっています。
大塚家具もその流れの中で見直しを進めているかたちですが、その売却益が業績不振の穴埋めになっている現状があります。

「第1四半期は株の売却益8億円超を特別利益に計上していますが、これがなければ最終赤字は16億円超になっていた計算です」
(証券アナリスト)

Date: 2017.07.21
Category: 政治・経済

なるか世界遺産!日本のゴールドラッシュの象徴【佐渡金山】立候補の行方

p47.jpg


佐渡島(新潟県)が3年連続で世界遺産への国内推薦候補に名乗りを上げています。

現在、世界遺産の総数は1052件。
国内では法隆寺や姫路城などの文化遺産が16件、屋久島や知床などの自然遺産が4件と計20件が登録されています。

「かつて金の国ジパングと言われた日本が世界に誇る文化遺産が佐渡の金銀鉱山です。
古くは平安時代の『今昔物語集』にも記されているほど、佐渡の金は有名でした。
もっとも当時は砂金で、金山開発が始まったのは関ケ原の戦い(1601年)の翌年で、以来、江戸幕府の直轄地となり、徳川の財政を支えました。」
(佐渡市)

佐渡金山は、最盛期には年間400キロの金と、年間40トンもの銀が幕府に納められた、世界最大級の金山です。

採掘は平成元年まで続き、残された記録だけでも金は78トン、銀は2330トンを産出しています。


また、ノミとタガネで掘った江戸時代初期から、削岩機で海底より深く掘削した近年まで、総延長400キロに及ぶ坑道が年代別に見られる、世界でも非常に稀な遺産です。


初期の江戸の人口が10数万人だった頃、金山のある相川地区だけで5万人(一説には10万人)もの人がいたそうです。

そのため娯楽も盛んで、今も佐渡には35もの能舞台が残っています。

これは世阿弥が流罪(島流し)されたためとも、初代の佐渡奉行、大久保長安以降に広められたとも言われます。
Date: 2017.07.20
Category: 社会

富士ゼロックスの不正会計で問われる企業倫理


出典:東洋経済オンライン

4月に傘下の富士ゼロックスによる不正会計を謝罪した富士フイルムホールディングス

調査の結果、ニュージーランドとオーストラリアの販売子会社で不適切な会計処理が行われており、
損失額は375億円に上ると発表しました。

富士フイルムホールディングスの第三者委員会が6月12日に公表した調査報告書によると、ニュージーランドにある販売子会社は、複写機などのリース契約で架空取引を繰り返し、売り上げの水増しを行っていたのです。


調査報告書には「不正会計の隠蔽指示」といった記述もあります。

実は、2015年7月に内部告発文が富士ゼロックス社長らに送られており、社内調査を開始。1カ月後の8月には不正が発覚していたのです。

しかし、副社長らが中心となり「何も問題がなかった」とグループ内の報告書をでっち上げるよう隠蔽を指示し会長や社長には報告しませんでした。
Date: 2017.06.29
Category: 政治・経済
検索フォーム
プロフィール

フラン

Author:フラン
日々の出来事、気になるニュースを気ままに綴っていきます

カテゴリ
スポンサーリンク
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
2330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2006位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ