恐るべき北の工作活動!金正男氏毒殺事件で利用されたインドネシア人女性の運命は?

18-25.png
出典:正義の見方


金正恩の異母兄、金正男がマレーシアの空港で毒殺されたのは2月13日。

その事件の実行犯として逮捕された2人の女性。そのうちの1人、インドネシア人のシティ·アイシャ容疑者は、北朝鮮の工作員によって、わずか40日で暗殺犯に仕立て上げられたことがわかりました。



アイシャ容疑者は、クアラルンプール郊外にあるホテルのスパで、パートタイムのマッサージ嬢として働いていました。
その一方、「Haven-4men』というマッサージ嬢の派遣サイトにも『ケリー』という名で登録していました。出張マッサージをしていて、ナイトクラブでもお客を探していたそうです」(現地記者)


アイシャ容疑者が、北朝鮮の工作員にリクルートされたのは1月5日です。


「午前3時、クアラルンプールの中心街にあるナイトクラブを出た後、マレーシア人のタクシー運転手がアイシャに声をかけた。元々、2人は顔見知りで、運転手が『新しい仕事をくれる人を紹介しようか』と言うと、アイシャは快諾したそうです」(現地記者)


結果、これが運命の分かれ目となりました。


午前10時、運転手から「ジェームズ」と名乗る北の工作員、リ·ジウを紹介されます。

ジェームズは「自分が関係しているお笑い番組に出演しないか」と話し、仕事を依頼。ギャラは1回400リンギット(約1万円)だったそうです。


毒殺事件を起こすまで、クアラルンプールの第一国際空港、第二国際空港、マンダリン·オリエンタル·ホテル等を中心に、計12回の撮影が行われました。


アイシャ容疑者の役割はいつも同じで、ターゲットとなった人物の顔に、毎回臭いの違う"何かの液体"を塗り付けて逃げることでした。


1月29日、アイシャ容疑者はジェームズに連れられ、「チャン」と名乗る男を紹介されます。

「この男は、工作員のホン·ソンハクとみられます。流暢なインドネシア語を話し、この日以降、チャンが撮影の指揮を執るようになりました」(現地記者)


そして事件が起きた2月13日。
Date: 2017.08.12
Category: 社会

警察もうごいた! 浅草・仲見世通りで暗躍する悪徳ブローカーの存在

377-2.jpg


夏本番の観光シーズンに向け、すでに日本人のみならず外国人でごった返す東京·浅草の浅草寺仲見世通り

その商店街に悪徳プローカーが出没し、関係者の頭を悩ませているといいます。

浅草仲見世通り商店街は、江戸時代に誕生した日本最古の商店街の一つで、関東大震災や戦災での焼失を乗り越え、現在は89店舗が入居しています。

「戦後の昭和30年代は、界隈の女剣劇や大宮デン助『デン助劇場』、生歌謡ショーをやる映画館に全国から客が殺到しました。
故·島倉千代子さんの大ヒット曲『東京だョおっ母さん』のフレーズにもあるように毎日がお祭り状態で、仲見世の商店街は歩くのにもひと苦労でした」(浅草出身のマスコミ関係者)




ところが、1940年代に入るや客足が遠のき、夜8時にはゴーストタウン化する状態が続きました。

浅草は、当時の国鉄が駅を作るのに反対したために、交通の便は地下鉄の銀座線と東武線しかなく、JRの駅がなかったために客が激減したんです。
しかし、つくばエクスプレスの開通や東京スカイツリーの開業でようやく昔の活気を取り戻したんです」(マスコミ関係者)

商店街には人形焼や煎餅屋、お茶、雑貨小物に玩具屋など、いかにも浅草らしい店が軒を並べています。
所有者は商店街が浅草寺、建物が東京都ということもあり家賃は安く、平均的な賃貸料は、2坪程度で約1万5000円と破格の安さとなっています。

「そのため、どの店も賃貸権は手放さなかったのですが、商店街でも高齢化が進み権利を手放す店主が出てきた。ある商店がその賃貸権を1億円以上で購入したという噂も流れたほどです」(商店街関係者)



Date: 2017.07.27
Category: 社会

なるか世界遺産!日本のゴールドラッシュの象徴【佐渡金山】立候補の行方

p47.jpg


佐渡島(新潟県)が3年連続で世界遺産への国内推薦候補に名乗りを上げています。

現在、世界遺産の総数は1052件。
国内では法隆寺や姫路城などの文化遺産が16件、屋久島や知床などの自然遺産が4件と計20件が登録されています。

「かつて金の国ジパングと言われた日本が世界に誇る文化遺産が佐渡の金銀鉱山です。
古くは平安時代の『今昔物語集』にも記されているほど、佐渡の金は有名でした。
もっとも当時は砂金で、金山開発が始まったのは関ケ原の戦い(1601年)の翌年で、以来、江戸幕府の直轄地となり、徳川の財政を支えました。」
(佐渡市)

佐渡金山は、最盛期には年間400キロの金と、年間40トンもの銀が幕府に納められた、世界最大級の金山です。

採掘は平成元年まで続き、残された記録だけでも金は78トン、銀は2330トンを産出しています。


また、ノミとタガネで掘った江戸時代初期から、削岩機で海底より深く掘削した近年まで、総延長400キロに及ぶ坑道が年代別に見られる、世界でも非常に稀な遺産です。


初期の江戸の人口が10数万人だった頃、金山のある相川地区だけで5万人(一説には10万人)もの人がいたそうです。

そのため娯楽も盛んで、今も佐渡には35もの能舞台が残っています。

これは世阿弥が流罪(島流し)されたためとも、初代の佐渡奉行、大久保長安以降に広められたとも言われます。
Date: 2017.07.20
Category: 社会

浦和レッズ襲撃事件から見える韓国の暴走とは…

アジアの最強クラブを決めるアジアチャンピオンズリーグ(ACL)。
その決勝トーナメント1回戦の第2戦、浦和レッズと済州ユナイテッド(韓国)の試合。
会場となった埼玉スタジアムで暴力事件がおこり、スタジアムは修羅場と化しました。


済州ユナイテッドの負けが濃厚となった試合終了直前のこと。
選手間で口論になった際、仲裁に入った浦和の阿部勇樹選手の顔に、
済州ユナイテッドの控えだった白棟圭(ペク・ドンギュ)選手がピッチに入り
強烈な肘打ちを食らわしました。

阿部選手はしばらく起き上がれずに悶絶。主審は白選手に迷わずレッドカードを突きつけましたが、
これは始まりに過ぎず、試合後は韓国チームの選手やスタッフが突進し、
槙野智章選手に対しても暴行を働こうと追い回しました。


「試合終了後、済州の選手は浦和の選手を囲んだり追いかけたりとやりたい放題。
運営関係者や警備員が体を張って収めようとすも、それを暴力で振り切って浦和の選手に
危害を加え続け、済州の選手がさらに2人も退場になりました」(スポーツ紙記者)




浦和はアジア・サッカー連盟に抗議文を提出。

6月7日には、白選手が「近いうちに来日して阿部選手に直接謝罪する予定」との報道がありました。

しかし済州ユナイテッドが、一連の騒動は浦和レッズ側からの挑発があったことが原因だと
アジアサッカー連盟(AFC)に意見書を提出したとの報道もあり不可解な行動をしています。


この異例の騒動の背景には、実は「韓国内の状況が大きく影響している」との見方があります。


「朴槿恵前大統領の罷免、どん底の経済状況、要人の逮捕や汚職など、雰囲気は驚くほど悪い。
負の連鎖と言うべきか、あるいは、国民の中でフラストレーションが溜まっていると言うべきか、
個人個人の暴走事件が後を絶ちません」(在ソウル記者)




スポーツ界にも影響を及ぼしており、
2016年7月、プロ野球界で選手が関わる八百長と違法賭博が相次いで発覚。
韓国代表クラスの選手も手を染めていており韓国世論に衝撃を与えました。
翌8月にはテコンドー大会での八百長発覚と荒れる一方です。


現在、5月に就任したばかりの文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国政の立て直しを図っていますが、
慰安婦問題において日本政府と韓国政府が結んだ昨年の"最終かつ不可逆的な合意"に不満を
抱えた韓国国民は、日本の領事館を囲むなど暴徒化しています。


国政が乱れて人の心が荒んでいく韓国。

日本も対テロ対策として「共謀罪」法が6月15日に成立
監視社会になること懸念がされ、反対する市民によるデモが起こるなど、
政治の乱れは顕著です。

決して他人事ではありません。

*引用元-週刊大衆
Date: 2017.06.14
Category: 社会
Comments (0)

中核派メンバー大坂容疑者の渋谷暴動後の足取り

1971年、沖縄返還協定をめぐって中核派を中心とした学生が暴徒化し、
機動隊員・中村恒雄警部補(当時21 )を殺害した「渋谷暴動事件」。

同警部補に対する殺人容疑等で指名手配され、逃亡生活を続けていた
中核派「革命軍」メンバーである大坂正明容疑者とみられる男性が5月18日、
広島市安佐南区のマンションで大阪府警により公務執行妨害容疑で逮捕されました。

逮捕された男は現在も黙秘を続けているようですが、
大阪府警は
「大坂の母親や姉のDNA型と照合したところ血縁関係に矛盾はない。
身元確認ができ次第、殺人容疑等で逮捕する」方針です。

46年もの間逃亡を続けていた大坂容疑者。

「家宅捜索に入った際、男は風呂場に張った水で特殊な水溶性の紙に書かれた
資料を隠滅しており、捜査員に体当たりしてきた。46年間も逃亡生活を続けながら、
咄嗟に体が動いたことに捜査員も驚いていました」(大阪府警担当記者)


公安関係者が逮捕に至るまでの経緯を語っています。

「大坂の所在は生死も含め40年間以上判然としなかった。
だが、2012年3月に都内にある中核派のアジトを家宅捜索した際、
同派メンバーが大坂を首都圏の別のアジトにかくまっていたことや、
群馬県の病院に受診させようとしていたことが判明。
いまだに活動家として大坂が生存していることが分かった」

「2016年2月に別のアジトを捜索した際には、今回、大坂とともに有印私文書偽造
容疑等で逮捕された鈴木哲也が2007年〜2008年にかけ、同アジトで大坂と生活
していたことが判明。鈴木の行動確認を続けたところ、広島市にあるアジトから鈴木とは
別の年配の男が週1回程度、外出していることがわかった。その男性の背恰好から
"大坂である可能性が高い“と判断。家宅捜索に踏み切った」


北海道帯広出身の大坂容疑者。
公務員だった父親の影響か、周囲からは「とにかくまじめ」と評判。
高校は進学校に通い、スポーツが得意で野球部に所属。
体格も良く端正な顔立ちから女生徒にも人気があったようです。


高校卒業後、千葉工業大学に進学。


渋谷暴動後に大坂容疑者と会ったという同級生は、当時をこう振り返ります。

「『マズイことになったんでお金を貸してくれないか』と連絡があったんです。
新宿駅の階段下の通路で待ち合わせをして数千円を貸しました。
確かスーツ姿で、当時はまだ指名手配もされていないし、
そんな大それたことをした様子は全く感じられなかった。
後に警察が家に来て『どちらの方向に行きましたか?』などと質問されました」


事件翌日、新潟から病院に駆けつけた中村警部補の兄・秀雄さんは弟の姿が忘れられない。

「病院で見たのは、全身やけどまみれの弟の姿でした。
『頑張れ!』と声をかけると『うん』と答えてくれましたが、その日に亡くなった。
どんな思いで46年間逃亡していたのか、きちんと話して欲しいです」

半世紀ぶりに事件の真相が明らかになるのか。今後の行方に注目です。

*引用元-週刊文春
Date: 2017.06.10
Category: 社会
Comments (0)
検索フォーム
プロフィール

フラン

Author:フラン
日々の出来事、気になるニュースを気ままに綴っていきます

カテゴリ
スポンサーリンク
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
1764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1541位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ