今季契約最終年!高額年棒に見合った活躍ができない松坂大輔をソフトバンクはどう扱うのか?

100-10.jpg
出典:アメブロ


過去に栄華を極めた男には、チームもなかなか引退勧告に踏み切ることができないようです。

メジャー通算56勝を誇る松坂大輔(投手(37 )が3年総額4億円(推定年棒)でソフトバンクと契約したのは2014年オフ。

まもなく3年契約が切れますが、松坂大輔投手がこの3年で一軍のマウンドに立ったのは一度きりです。

しかも、昨季最終戦という半ば消化試合での登板でした。

投球数はわずか39球。1球当たり3000万円超という給料計算になります。

しかも結果は、1回5失点の大炎上という散々なものでした。

スポンサ-リンク

 

100-2.png
出典:fullcount


「元々、12球団随一の戦力を誇るソフトバンクは、松坂を戦力として獲った訳ではありません。
活躍してくれるに越したことはないのですが、最大の主眼は、将来の監督候補としてツバをつけておこうということ。
そのためには、彼に気持ちよく身を引いてもらう必要があるわけですが、当人には引退する気なんてさらさらないんです」
(大手紙デスク)


最近は、浅田真央や木村沙織、宮里藍など、若い世代のアスリートが周囲に惜しまれつつも爽やかに引退する
ケースが目立ちますが、プロ野球界ではボロボロになっても続ける美学が蔓延しているようです。


「50歳まで現役だった山本昌(中日)あたりからその傾向が強いですかね。最近では岩瀬(中日)などもその一例。
松坂の活躍で初代WBC優勝監督となった王さんが球団会長というしがらみもありますし。本人が辞めると言わない限り
契約を延長するしかありません。ただいくら金満球団とはいえ、あまり高額で更改しては、他の選手に示しがつかない。」
(スポーツ紙記者)


プロ野球界の功労者であるがゆえ、球団側からはクビは宣告し辛いのでしょうが、
それは本人が引き際を知っているという前提があってこその話でしょう。

松坂大輔投手のプライドを傷つけずにどこまで年俸を下げられるか、見ものです。


*参考-週刊新潮「3季ゼロ勝の松坂大輔を斬れないソフトバンク」
Date: 2017.10.09
Category: 野球
検索フォーム
プロフィール

フラン

Author:フラン
日々の出来事、気になるニュースを気ままに綴っていきます

カテゴリ
スポンサーリンク
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
1764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1541位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ