東山紀之のキャスター進出は東京五輪で全局制覇を目論むジャニーズの試金石

31-1.jpg
出典:naverまとめ


10月からスタートするテレビ朝日のニュース情報番組『サンデーLIVE』(日曜前5:50~8:30)。

日曜の朝の顔となるべくメインキャスターに抜擢されたのが、少年隊の東山紀之さん。

しかし、日曜の午前は同じ情報番組として『サンデーモーニング』(TBS系/8:00~9:54)や『シューイチ』(日本テレビ系/7:30~9:55)が既に放送されているため、早くも大コケするにでは?と心配する声が上がっています。



そんな大コケ説が出る番組に幹部候補生の東山紀之さんをキャスターとして出すジャニーズ事務所の思惑には、

「東山を筆頭に、他のジャニタレらが東京五輪のキャスターの座を掴むための準備です。
狙いは全局制覇でそれが今後、ジャニーズ事務所がプロダクションとしてやっていけるのかを占う試金石でもある」(芸能関係者)

とのこと。


昨年末に解散したSMAPは、ファンクラブやコンサートで年間数十億円の利益を生んでいましたが、
関ジャニ∞ほどのグループでもSMAPの売上げには遠く及ばないのが現状のようです。


ジャニーズとはいえ、コンサートやCDの売上げに頼ったアイドル戦略だけでは通用しなくなっており、東山紀之さんのキャスター抜擢も、危機感を強めた事務所が手を打ってきたのです。

スポンサ-リンク

 

31-2.jpg
出典:Yahoo!ニュース


そんな厳しい環境にある中、改めて再評価されたのが、V6·井ノ原快彦や嵐・櫻井翔らの成功です。

井ノ原さんは 『あさイチ』(NHK)、 櫻井さんは『NEWS ZERO』(日テレ系) の司会で成功したことにより、芸能界に大革新をもたらしました。

「キャスターは金になるしタレントの価値を向上させることに今後の事務所の方向性を見出したんです」(芸能プロ関係者)


そのため、次は東山さんをキャスターとして育成する計画のようです。


「番組にジャニタレが起用されれば、レポーターなどで最低3~5人は使えるわけです。
しかも起用する側にすれば、ジャニーズのギャラはかなりリーズナブル。今回の東山は1本100万円~、櫻井も1本80万円~、国分太一は1本50万円~。五輪特番でもその1.5倍で収まる」(民放局関係者)



2020年の東京五輪はジャニーズが全局制覇できるのか。東山さんの腕の見せ所です。



*参考-週刊実話:東山紀之をキャスターにねじ込むジャニーズ事務所の思惑
Date: 2017.08.02
Category: アイドル
検索フォーム
プロフィール

フラン

Author:フラン
日々の出来事、気になるニュースを気ままに綴っていきます

カテゴリ
スポンサーリンク
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
1764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1541位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ